BYC CUP 第3戦 5月12日結果

新緑、晴天、適度な大橋の風と、絶好のコンディションになりました。16艇と多くの仲間が集まり、皆さん気持ちのいいセーリングとレースを堪能されたことと思います。今回は、時間差スタートでなく、上マークをクラスに合わせて3段階に設置、クラス別にコースの距離を変えることで同一スタートで競えるよう試みました。同一スタートで、スタートの醍醐味が増すメリットと、レース後半の逃げ切りか追い抜きかのデッドヒートが随所に見られ、良かったのではないかと思われます。ただし、マークの設定手間が多くなる点、ハンディキャップに合わせたコース距離設定が難しい点が難点です。
初めての試みでしたが、結果を見ると、各クラスが適度にミックスし、適度なコース設定でなかったかと思います。

風は、午後になって海風である大橋の風が吹き出し、最初は少し振れたものの、午後2時以降は風向も安定し、4-5m/sで安定する絶好のコンディションとなりました。夕刻になり風力は落ち始め、第8レースをスタートした直後、夕凪状態となり、途中でノーレースとしました。レースは、上位を安定してキープした本田選手が常勝秋山選手を押さえて優勝しました。お見事!。

2019/5/12 BYC CUP Series #3 WIND:NNE 2-5m/s Committee: Aoki, Onishi
PlaceNameClassSailR1R2R3R4R5R6R7GROSSNET
1本田 和也Laser Radial156117211462102616
2秋山 紀夫Laser21315753573312720
3片木 正好Laser Radial136722DNC4335834326
4松浦 孝年Laser Radial1175613242713134431
5上野 美子Laser Radial1501611214814624733
6大木 孝仁Laser1696677614152465439
7中野Laser Radial19552317281112155641
8内堀 隆夫Laser Radial5302911871013555946
9長野 国比古Topper37766131615131146347
10西村Laser Radial201485410661211126149
11小松原 賢治Laser206776611111199116857
12田口 忠司Laser18405681513168777458
13長谷川Laser Radial211643DNC5912141498063
14金森Laser167318DNC91214101088063
15北村 重雄Laser Radial15544710121091515148570
16中村 学Laser Radialless913165DNCDNCDNC9477

1件のコメント

  1. お疲れさまです。
    今回のレースは初めてのマーク設定で、時間ではなく距離によるハンデキャップレースでした。
    風が安定していたので、いいレースが出来たと思います。
    今回は上マークでハンデの設定でしたが、ショートレグの上りではラジアルとスタンダードであまり差がつかないような気がしました、次回は同時スタートで上マークは共通、下マークで距離のハンデを設定するのも
    おもしろいかなと思います。
    トッパーはリミットマークを下マークに設定すればひとつ手間が省けます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です